動画『はちみつ色つやのユン』評価:インターナショナル養子縁組の世の中(※片隅ジョークバレ気配り)

インターナショナル養子縁組って、西洋では自然のようなので、以前から自分の将来の選択としてもくろみはありました。が、監督自身の半生や恋人のチャレンジした経験?を基にした文献作品には予想外に衝撃的な問題もあり、「養子に上る本人への波紋を考慮すると、決して何気なく考えてはいけないのかも」と思ってしまいました。まさかネタバレになりますが、主役あなた、精神の崩れが健康にきて入院、周りはさらに心医者に入院、奇妙なアクシデントで絶命したりしているからだ。

じゃあ、誕生世の中でずーっと施設で育ち、きちんと高い学歴は望めないかもしれませんが(?)そのうち施設を出て独り立ちして…というふうに通じるのと、自分にとってどちらがよいのか?と考えると、答えは簡単には出ませんよね。

でもこちら、文献作品の場面、ベルギーのようなほとんどが白人の世の中と変わり、南北アメリカ大陸のように多民族が混ざっている世の中だったらまた違うのでしょうか。

養子をむかえるという方針についても、「まるでニューモデルを買うように、韓国人の養子をむかえるのが流行っていた」などと表現されてあり、こちらにも驚きました。インターナショナル養子縁組に関わらず、西洋では国内ほど養子をむかえるのにレジスタンスがないようなので、こういう違いはいったいどこから訪れるのか?伝統のズレか…?という設問は前から持っていましたが。国内だと、あたいや誰かが養子だということは、ずいぶん睦まじい者以外には被さる予測がありますが、今まで会った外国の方法の印象では、他国ではそうでもないケースも多いようです。なので、国内ほど血縁お気に入りではないから養子もなかなか溶け込めるのかな、と思っていましたが、文献作品を見ると、どうしても養子本人は考え込むようですね。

最後に、あまり設問に感じた行い。戦後の日本でも米兵と邦人おばさんとの間に生まれた私生児が捨てられるケースは多々あったようですが、エリザベス・サンダース・ホームの問題が有名なだけで、孤児が西洋に山盛り流出したという問題は、せめて自分は聞いたことがありません。なんで韓国と日本でそういった違いが生まれたのでしょうね?楽しいだ。ホワイトニング歯磨き粉