女性になっても、続けている懸賞応募

私の得意なシチュエーション、それは、懸賞応募です。
仕方の発祥は、私が中学生時代に読んでいた書籍に載っていた贈り物尖端です。
やはり当たらないという、思いきや、こいつほしい!といった、当てはまる贈り物が一層載っていたんです。やはり、応募ハガキを書いて出さないシチュエーションには、当たるも当たらないもないとみなし、ハガキのアンケート欄や秘密欄を記載して、状態に投函してみました。
数ヵ月いつか、書籍に応募した事すら忘れていたある日、アカデミーから変えると、母に配送便で、何か届いてるよ。勝手に注文したんじゃないでしょうね?といった、合間きれ気味の母でした。宛名を見て、書籍ニックネームが書いてあり、ひょんと出してみた贈り物ハガキが、当選したシチュエーションに気付きました。そうして、入れ物を開けたときの嬉しさや熱狂は、今になっても忘れられずに、その日から、奥さんになった今でも懸賞応募を続けていらっしゃる。予め、過去文通等もやるほど中身や触れ込みを書くのが贔屓でしたので、贈り物応募のハガキ書きは、甚だ苦にならず、もちろん面白いんです。
今まで、当選した贈り物も多数です。引越し